みちくさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ミンヨン 倍音の法則」〜夢の中でこそ現実に触ることができる〜

<<   作成日時 : 2014/10/25 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年10月25日(土)
岩波ホールで佐々木昭一郎監督作品「ミンヨン 倍音の法則」を観た。

画像

(画像は映画公式サイト動画より)

亡き祖母の親友、佐々木すえ子の戦争中の人生をタイムスリップしたミンヨンが垣間見ている。

「夢の中でこそ現実に触ることができる」と言わせている。

夢の中のできごととしてならば現実には言えないことを言ってもいいかな?という表現者のスタンスかも。
思想表現にワンクッション置くと言うのは統制下の時代にはありがちな姿か。
しかし映画の中にそれほど過激な表現は出てこない。
考え過ぎだったかな。

映画の中で数多くの歌、曲が流れる。童謡、クラシック、軍歌、歌謡曲…さらに大学応援歌まで。「早稲田の栄光」でちょっと感動したのは映画の内容とは関係ない。
歌や音楽には各人の思い出が結びつきその時代に瞬間タイムスリップして映画の筋と合わせて二度おいしい。
ただ2時間半の大半がミンヨンの顔アップでちょっと疲れた。DVDで観るといいかも。
それに朝早く胃がん検診でバリウム飲んだりしていたものだから腹はって落ち着かず。

小さい謎が残った。エンドロールで東海林さだおの名前発見。
彼の扱う「どうでもいい」テーマと文体が好きで丸かじりシリーズは欠かさず読んでいるが、この映画のどこに関わっているのか気になった。
たぶん食事の場面につながると思うのだが、その確認のためにまた観に行くのはなぁ…。

神保町はちょうど古本市で賑わっていた。理髪店も混んでいた。
珍しく楽器店に入った。でも買ったのはギターピック2枚だけ。
秋葉原をちらっと回って中野の病院へ。
お袋は落ち着いている。何とか受け答えもする。
しばらく様子を見て帰宅。

現実が夢であってほしいと思うときもある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ミンヨン 倍音の法則」〜夢の中でこそ現実に触ることができる〜 みちくさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる