みちくさ

アクセスカウンタ

zoom RSS いやーほんとに位相ずれ多いなぁ

<<   作成日時 : 2014/11/29 20:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ステレオイヤホンは使っているとリードの断線があるのである意味消耗品。
当然安い100均で済ます。
しかし、ここで忘れていた「安かろう悪かろう」を思い出すことに。

画像


ステレオとして音楽を楽しむには左右の音量バランス以前に「位相」が合っている必要がある。

安いイヤホンの中には組み立ての結果、左右の位相が逆になっているものが「かなりの確率で」売られている。どうも作る側に位相の概念がないようだ
外観ではわからないので気がつかない人がいるかも知れない。

位相が逆になっているイヤホンで聞いた場合、音が頭の後ろに回り込んだような違和感があり音の位置が曖昧になる。そのようなケースに遭遇したと思ったら片方のイヤホンを音の出口が外側に向くように耳にはめてみると正しくボーカルがセンターに落ち着き位相が逆になっていることが確認できる。

前回は商品とレシートを店に持参して、店頭で新しい商品を音楽プレーヤーにつないで正しく聞こえることを確認して交換してもらった。それも結構手間だし100均の混雑しているカウンターを占有するのは気がひける。

今回はすぐに使いたいこともあって強引に片側のコードをばらして配線を逆につないでしのいだ。細いリードが撚り合わせてあるのでショートしないように注意がいるが。もちろん半田付け後はテープで巻いて保護した。

そういえば昔…いや大分昔、半世紀前になるがまだFM放送もなかった頃に2つのAM放送局(もちろんモノラル)を使ってステレオ放送を流していたことがあった。NHK第一と第二、あるいは民放二社で左右のチャンネルを放送。当時は立体放送と呼んでいた。
専用のステレオセットもあったが、簡単には手持ちのラジオを2台並べれば楽しむことができた。
問題は、同型のラジオでもスピーカーの位相まで気にして製造されていないので同じように逆位相で聴いている人があった。
何となく音が広がったような違いだけで満足していたかも知れない。

あれから50年…まだ位相問題が続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いやーほんとに位相ずれ多いなぁ みちくさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる